旅行

熊野古道旅行記(2日目)

一日目に宿泊した湯峰温泉の民宿は、ちょうど裏が熊野古道だったので、壺湯から歩き始めました。湯峰王子を過ぎて、一山越えましたが、途中誰とも会いませんでした。良い感じの石仏や神社がありました。
P6048416  P6048420

 山を降りてくると、大斎原に出ました。ここは、元々熊野本宮があったのですが、明治時代の洪水で流されてしまった跡地です。確かに、ここの方が今の本宮より「気」を感じるような気がします。
 P6048436  P6048444

 その後、本宮を通過して、発心門王子に向かいます。どうもこのコース取りは登り坂ばかりのようで、逆に降りてくる人は沢山いますが、こちらから登っている人は見かけません。展望台にも行ってみましたが、ほとんど何も見えません。伏拝王子までついて、やっとお昼ご飯にお菓子を買いました。
P6048458  P6048462  P6048467

 その後は登りばかりではなく、平坦な道もありましたが、発心門王子に着く直前、発心門バス停に来た所で、午後2時の最終バス(!)の時間が来てしまい、王子まではたどり着けませんでした。超残念な結果でしたが、初めての熊野古道歩きは結構楽しかったです。




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊野古道旅行記(1日目)

 長年憧れていた熊野古道に行ってきました。
 初日はまず、YHから熊野方面に行くのですが、西名阪道が集中工事だったため、途中国道23号に出たました。しかしこれが又大渋滞だったので、国道1号やら168やら迷走したあげく、奈良県櫻井市辺りから国道169号線に乗りました。
 迷走の原因は、谷瀬の大橋に寄るためです。私は20年ぶりぐらいです。久しぶりに行ったら専用駐車場ができていました。500円は高いなあと思ったら、温泉の無料券を頂きました。ラッキー。橋の方は、20年前と同じ、スリル満点でした。
P6038352 P6038356  P6038364

 入れる温泉はいくつかありましたが、定休日などの関係で「星の湯」という所に入りました。気持ちよかったですよ。

 そんなこんなでこの日は湯の峰温泉の民宿に泊まりました。お湯は熱くて入れないぐらいでしたが、温泉を使ったしゃぶしゃぶは美味でした。宿のおじさんは超話し好きな人でした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を探しに

 春を探しに渥美半島まで行ってきました。目的は菜の花畑です。
 まず、伊良湖岬まで行きました。灯台を見に行きました。帰りに恋路ヶ浜も見ていきます。
P2256361  P2256365  P2256385


 それから、菜の花祭りの会場に移動しました。どれほどのものかと思っていましたが、結構一面の菜の花畑でびっくりしました。
P2256407  P2256418  P2256432

 帰りは、同じ道だとおもしろくないので、蒲郡方面に行き、竹島に寄ってから帰りました。鳥がすごかった!!
P2256434  P2256445  P2256455

 中津川はまだまだ春が遠いですが、春を先取りした楽しい1日旅でした。

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県の紅葉

 少し前の話になってしましますが、先週、滋賀県に行ってきました。目的地は「教林房」です。初めて行くお寺なのですが、それもそのはず、基本、紅葉の時期しか拝観できないお寺のようです。
 行ってみてびっくり、本当に美しい紅葉です。自分の腕が悪いせいもありますが、どう写真を撮ってもこの美しさが伝わりません。
Pb285068  Pb285130  Pb285157
もうそろそろ紅葉の季節が終わる頃ですから、来年是非行かれることをおすすめします。

 その後、石馬寺に行きました。ここは15年ぐらい前にも来たのですが、その時は本堂が修理中だったので、今回再挑戦です。時間がなかったので、本堂内は拝観できませんでした。境内だけ写真に撮ってきました。
Pb285166  Pb285176  Pb285177

 最後に太郎坊宮に行きました。ここも初めてです。行ってみてびっくり、山全体が神社のような造りになっています。紅葉もきれいです。
Pb285204  Pb285206  Pb285218

 十分に紅葉を満喫できました。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋港ツアー

「名古屋港ツアー」の抽選に当たったので行ってきました。指定された日時にポートタワーに集合しました。ほとんどが家族連れですが、一人で参加の方も結構いました。船に乗り込みます。中の写真を取り忘れましたが、会議室のような立派な内装でした。
Pb224492 Pb224493

 この船で港内を一周しながら、職員の方が説明してくれます。中々海の方から観察する機会もないので、いろいろと写真を撮ります。戦前からある灯台は、米軍の攻撃を受けたとかで、ぼろぼろでした。
Pb224523 Pb224498

 特におもしろかったのは、ガントリークレーン群です。やはり男のロマンを感じさせますね(?)
Pb224526 Pb224553 Pb224537

 その他にも、名港トリトン(橋です)や鉄工所など、鉄のかたまりっぽいものが沢山あって、中々見所のある1時間半でした。ただ、参加される予定の方にアドバイスですが、船の右側の席に座る方が良いですよ。
Pb224650 Pb224648 Pb224636


























| | コメント (0) | トラックバック (0)

国東半島2

 旧千灯寺から更に上に行くと五辻不動(東不動)があります。本当は歩いていくのが良いのですが、今回は時間の都合で車で行きます。ここは、駐車場から更に山登りみたいな道が続きますが、頑張って登ると岩山に張り付くような石灯籠と、お堂に出ます。
P6062570  P6062569  P6062561
 ここは岩に祀られたお不動様の前にお堂を建てています。更に上に登ると、国東半島と周防灘、姫島を一望に見渡せる所があります。ちょっと天下を取った気分です。
Photo

 山を降りたら次は今回のメインイベント、無明橋です。100mぐらいの断崖絶壁の上に小さな橋があるのです。これは「峰入り」という修行のための橋ですので、わたってもどこへも行けない橋です。大変危険な所なので、簡単に行けないように看板もありません。
P6062578
 しかし、ここで事件発生。私が脚を挫いて歩けなくなってしまいました。やむなく奥さんだけで挑戦。しかし、やはり登頂できずに戻ってきました。仕方なく川中不動だけ見ていきます。
P6062583  P6062585

 昼食は富貴寺まで移動し、門前の「榧の木」で団子汁の付いた田舎定食を頂きます。個人的には団子汁はここが一番おいしいと思います。食後、富貴寺を拝観します。平安時代創建の美しいお堂のご本尊は阿弥陀如来、境内には2組の十王像に脱衣婆の石仏まであり、これでもかというほどの浄土信仰っぷりです。大きな国東塔もあります。
P6062602  P6062601  P6062600  P6062599

 国東半島の締めは熊野磨崖仏の予定でしたが、くじいた脚では鬼の一夜作りの石段が登れずに断念、奥さんだけが行ってきました。

 久しぶりの国東でしたが、予定外のトラブルで中途半端な感じとなってしまいました。リベンジを期待したい所です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国東半島

 久しぶりに国東半島に行きました。国東半島国見YHは私のYH旅の原点でしたが、このところ、数年に一度しか行けませんでした。今回も3年ぶりぐらいです。館内も清潔でご飯もおいしかったです。
 まず行ってみたかったのが涛音寮の茶寮「さんがいや」です。歴史のある木造三階建ての建物をギャラリーや喫茶店に利用しています。コーヒーを飲んで一服してから国東巡りをします。
 まず、YHの奥さんに教えてもらった石仏を見に行きます。まずは伊美町内にある千手観音様です。地図を見てもよく分からないので、農作業をしているおばあさんに聞きました。丁寧に教えてもらったのですが、どうやらあぜ道に見えたのが赤道だったらしく、畑の真ん中を歩いていかないと行けない所でした。
P6062515   P6062516
 そこにあったのは、小さいけれど非常に美しい十一面千手観音様でした。奥さんに言われたようにどうやら前方に倒れたことがあるらしく、お顔にキズがあるのが残念でした。また、小さなお寺なのに仁王さんが立派なのも驚きです。
P6062524

 次は、赤根に行く途中の石仏です。これも書いてもらった地図とにらめっこで行ってきました。ここはもう完全に廃寺となったお寺でした。こちらにあったのは立派な十一面観音様です。
P6062535  P6062537
 こういうお寺が廃れていくのは寂しいことです。

 その後、千灯寺と五辻不動に行きました。まずは千灯石仏です。非常にわかりにくい坂をあがった所にお堂があります(ちなみにこれから記述する千灯寺はすべて旧千灯寺で現在ある千灯寺さんとは場所が違います)。この中には千灯石仏があります。これは、右下のお堂の中にいり僧(仁聞菩薩ではないでしょうか)の入寂の際に西方浄土から阿弥陀如来と二十五菩薩がお迎えにやってくる姿を描いた非常に珍しいデザインです。
P6062543  P6062544  P6062545

 次に山の方に向かい、旧千灯寺仁王像に行きます。最近は駐車場もできたので、車で行けるようになりました。ここは、お寺本体が滅び去った後石段と仁王さんだけが残っています。私の一番好きな所です。
P6062555  P6062556  P6062557

 この後は又次回。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊池渓谷と阿蘇山

 前々回の続きです。
 あこがれの菊池渓谷に行ってきました。写真雑誌で大人気なのは知っていましたが、熊本県の山の中ではちょっと遠いかなと思っていました。しかし、大分県側からは結構行きやすいことが分かり、思いきって行ってみました。
 噂に違わぬすごい渓谷ですね。渓流や滝の好きな人にとっては大好物な感じの川や滝が遊歩道に沿ってどんどん現れてきます。写真好きな人だったら一日いても回りきれないかもしれません。
P6052423   P6052439   P6052444

 次は阿蘇山です。私は20年ぐらい前に行ったことがあるのですが、奥さんは初めてらしいので山頂まで行ってみます。彼女はロープウェイに乗りたいし、私は撮影機材を持ってあがるのがいやなので、車で、別々に行きました。
 相変わらずの噴煙ぷりです。硫黄のにおいで頭が痛くなりました。それに寒い!!風で三脚が吹き飛ばされそうです。早々に退散しました。
P6052475   P6052500

 次回はいよいよ国東です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

由布川峡谷と喫茶店「あーでん」

 5日間ほどお休みを頂き、九州に行ってきました。目的はもちろん国東の石仏ですが、この機会に、今まで気になっていた所をまとめて回ってみました。

 まずは「由布川峡谷」です。大分県にあるので、かの有名な「菊池渓谷」より行きやすそうです。ここは日本とは思えないような不思議な造形が見られる所です。
P6042310_2    P6042332
 また、川の中にシャワーのように滝が落ちている所もあり、大変幻想的でした。ただ、場所が分かりにくいのと、駐車場からものすごく階段を下りた所なので、体力を使う所が難点です。

 もう一つ行きたかった所が喫茶店「あーでん」です。私たちが行った時には店内で、JBL「パラゴン」がクラシックを演奏していました。あまりお客さんも多くなかったので、特等席で音楽を聴かせて頂きました。現代オーディオの特徴は高解像度、広帯域で音を余す所なく描写する所にありますが、マークレビンソンとパラゴンの音楽は、それらとは一線を画す、ゆったりとした中に包み込まれるような感触でした。午前中に行くと300Bの真空管アンプでドライブするタンノイが聞けるようですので、是非とも今度は朝行きたいものです。湯布院インターのすぐそばですが、森の中の美しい店内でパラゴンを何の気兼ねなしに楽しめる環境は、とても幸せな感じでした。

 その他、予定なしに行ったけど感動したのは、普光寺の磨崖仏。巨大な不動三尊像と、あじさいのコントラストは大変感動的でした。
P6042352   P6042351
 逆に、楽しみにしていった割にがっかりしたのは、「原尻の滝」でした。水量が少なかったのか、ずいぶんしょんぼりした印象でした。空梅雨のせいでしょうか。
P6042366

 菊池渓谷の様子や、国東で私を襲った大事件(?)については又次回以降で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苗代桜

 下呂の苗代桜に行ってきました。ちょうど満開の時期でしたが、駐車場も半分ぐらいで、お客さんもほどほどでした。一度行ってみたいと思っていた桜でしたが、今日は天気も良く、素晴らしい景色でした。
P4091378   P4091393

 近くに寄ってみたら、小さなお堂に青面金剛像のようなものが安置されていました。
P4091385   

 その後、萩原町方面に移動して、美しいしだれ桜をいくつか見てきました。
P4091400  P4091429  P4091442

 苗代桜は、当YHから車で1時間半ほどです。ライトアップしていますので、来年には夜にも見に行きたいものです。今週いっぱいぐらいきれいなのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)