« 「中津川の小さな酒蔵巡り」のご予約について | トップページ | 六角さんオススメの鉄橋 »

2019年石仏の旅

今回は「万治の石仏」です。今やあまりにも有名ですね。

国道19号線を長野県方面に北上すると、まずは「義仲館」に行きました。ここで義仲の資料を調べていたら、受付のおじさんが話しかけてきました。実は、地元の英雄義仲のことを勉強されていて、すごく詳しい方でした。しばらくお話を聞かせていただきました。

その後、塩尻名物「山賊焼」などを食べた後、「万治の石仏」に行きます。何度も来てはいるのですが、今回の目的は高解像度カメラでディテールを撮影するためです。データが大きすぎてここには載せられません。ごめんなさい。

その後、周辺の石仏を探索していたら、公民館のようなところに十王像を発見!早速管理の方に許可をいただいて入ってみます。そうしたらそこは石仏パラダイス!十王全員に加えて、奪衣婆、お地蔵様、獄卒、果ては罪状を映す浄玻璃鏡の石仏(?)までありました。これは多分日本唯一ではないでしょうか。更に管理の方に色々と教えていただきました。

今回は、貴重な石仏や義仲の資料もさることながら、地元の方に詳しくお話を聞かせていただいたことが最も実りある旅でした。

 

 

« 「中津川の小さな酒蔵巡り」のご予約について | トップページ | 六角さんオススメの鉄橋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ