« 虎渓山と旧中央線トンネル群の紅葉 | トップページ | 苗木城の絶景 »

長野県最古!

 11月のあるきんぐは、中山道を野尻から須原まで歩きました。江戸時代の中山道は木曽川沿いを行くようですが、この道の方が古くからあるらしいという山の中を通る道です。

 この途中、野尻から山に入ったところに、白山神社という所があります。今までも何回か来たことがありますが、いつもちょっとお参りして終わりという感じでした。長野県最古の神社建築があるらしいということは知っていましたが、どれがそうなのかもわかりませんでした。

 しかし、今回、偶然にも地元の方が神社の掃除をするために来られたところと遭遇しました。しかも、その建築物を見せてくださるということです。鍵を開けて中に入れてもらいます。今までわからなかったはずです。その社殿は、覆屋を兼ねた拝殿内部にあったのです。

 棟札(模写)を見せて頂きます。「元弘四年」と書いてあります。ちょうど、鎌倉幕府が滅亡して、建武の新政が始まった頃です。

Sdim2214

ちなみに「四」は縁起が悪いので、「二二」と書いてあるそうです。そして、その奥、階段を上がったところに、最古の神社がありました。

Sdim2209

 今から700年ぐらい前に建てられてから、一度も修理もされずに残っていたようです。地元の方によると、屋根の葺き方に、昔の特徴がよく現れているそうです。全国から学者や建築家が訪ねてくるそうです。長野県最古となっているけれども、同じような社寺建築としては、日本最古の部類に入るのでは?とおっしゃっていました。

 普段なかなか見られない貴重な遺構を見学できて、大変ラッキーでした。どうもありがとうございます。

 




|

« 虎渓山と旧中央線トンネル群の紅葉 | トップページ | 苗木城の絶景 »

YH情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246212/43225617

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県最古!:

« 虎渓山と旧中央線トンネル群の紅葉 | トップページ | 苗木城の絶景 »